予防歯科

予防歯科とは?

これまで歯科医院へは「歯が痛くなってから行く」という方は多かったのではないでしょうか?確かに歯科医院に行くことで歯の痛みの原因を根本から取り除いてくれますが、少なからず歯の寿命を縮めてしまいます。歯は一度削ってしまったら、もう元には戻りません。近年は虫歯や歯周病にならないためのケアが重要視されてきているのです。ずっと健康な歯を保つためにも、虫歯になり治療によるダメージを歯に与える前に予防を心がけることが大切です。
予防歯科

虫歯や歯周病を放っておくと?

虫歯や歯周病は初期段階では気づきにくいものです。歯が痛くなったり、歯ぐきから血が出たりと異常が出始めてから来院することが多いのではないでしょうか?
治療のために削った歯はもう元には戻りません。削った所に詰め物やかぶせ物をして歯を修復しているので、「完治」したわけではありません。当然、虫歯になっていない歯より虫歯になりやすく、治療を繰り返せば自分の歯がどんどん少なくなっていき、最終的には抜歯になって入れ歯やインプラントなど大きな処置をしなければなりません。
また歯周病は、無症状のまま歯の周りの骨(歯槽骨)が溶けていくことが多く、一度溶けてしまった骨は元には戻りません。そんなリスクを回避するために、異常がない状態から定期的に歯石やプラーク(磨き残し)を取り除くことをお勧めしております。

TBI

TBIとは、歯科衛生士によるブラッシング(歯磨き)指導です。
正しい方法によるブラッシングは、磨き残しによる虫歯を防ぐだけでなく、歯周病の予防にも絶大な効果を発揮します。

当院では、ブラッシング指導だけではなく、個人個人に合わせてフロスや歯間ブラシなどの使い方やサイズなどをアドバイスさせていただきます。
TBI,ブラッシング,歯磨き

PMTC

PMTCとは、専用の器具を用いて行うプロによる歯のクリーニングのことです。毎日のブラッシングで落としきれなかった汚れを完全に除去し、虫歯や歯周病を防ぎます。どんなに毎日丁寧に磨いていても、磨き残しはどうしても出てしまうものです。歯と歯ぐきの隙間(歯周ポケット)には歯ブラシが届かないのです。PMTCをすることにより、自身では取り除けない汚れを除去し口腔内を清潔に保ちます。

「歯磨きを毎日しっかりやっていれば、大丈夫なんじゃないの??」

よくこんなことを話される方が多いのですが、これは大きな誤解です。皆さんはバイオフィルムという言葉を知っていますか?身近な例を出しますと、排水溝のぬめりです。このぬめりを掃除する時に落とすのが大変なのはおわかりですよね?歯にもだんだんバイオフィルムが付着してきますので、PMTCで定期的に除去していきましょう。
PMTC

投稿日:

Copyright© たむら歯科医院【群馬県前橋市】 , 2019 AllRights Reserved.