インプラント

インプラントとは

インプラントとは、歯を失った部分に人工の歯根(インプラント)を埋め込み、その上に人工の歯を取り付ける治療法です。埋め込む材料には、アレルギー反応が少ないと言われているチタンという金属が用いられます。健康な歯を削ってブリッジを入れることに抵抗を感じる方や、入れ歯に抵抗のある方におすすめの治療法です。1本だけ歯を失った場合でも、全ての歯がない場合でも、一定の条件をクリアすればインプラント治療を受けることができます。

インプラント

当院で扱っているインプラント

当院では、患者様のご希望に合わせてインプラントの種類を使い分けています。今現在、最も使用されていると言われているストローマンインプラント、ドイツでナンバーワンシェアとされているカムログインプラント、日本の中でトップレベルと言われているマイティスインプラントを採用しております。個人個人に合わせてご提案させていただきますので、お悩みの方はご相談させて下さい。
田村歯科医院で扱っているインプラント

インプラント治療の流れ

1.インプラント治療前の口腔内診断

インプラント治療が失敗するほとんどの原因は、歯周病による感染です。そのため、インプラント治療を受ける場合には歯周病の検査と治療をしっかりとやってくれる歯科医院を選ぶことが重要です。
当院では、事前にしっかりと歯周病・むし歯の治療を行ったうえで、万全の状態でインプラント治療を行います。また、全身の健康状態なども考慮し、必要があれば健康診断や内科での検査・診断の後にインプラント治療が適切かどうかを判断させていただきます。

2.カウンセリング

診断結果をもとに、コンピュータを使って画面を見ながら一人一人の治療方法やそのためにかかる費用を説明します。治療に関しては、患者さまにも現在の状態や治療計画をよく理解していただき、治療を進めて行きますので、疑問・質問等は何でもお聞きください。
カウンセリング

3.インプラント埋入手術

インプラントオペはしっかり麻酔をしますので、術中の痛みはほとんどありません。麻酔が切れた後に軽い痛みを感じることはありますが、痛みどめを服用するほどでもない場合がほとんどです。術後2、3日少し腫れることはありますが、その後収まっていきますので普通の歯を抜歯した後と同じくらいだと思っていただければと思います。

なお、ソケットリフト・サイナスリフトなどの骨造成手術を行う場合、外部の先生や麻酔科の先生をお呼びして、静脈内鎮静下でのインプラント手術も可能です。

4.2次手術、型をとる

インプラントは1度歯肉の中に埋め込み、骨とくっつくまで2~6か月かかることがあります。骨とくっついたら歯肉を少し切って、ヒーリングキャップという部品をインプラントにつけます。これを2次手術と言います。その後、歯肉が治ったら型をとります。

5.冠をかぶせる

型をとって出来上がった冠をかぶせます。ネジで冠をとめてつける方法や、セメントで固定する方法があります。冠にも色々な種類がありますので、事前に相談させていただきます。

投稿日:

Copyright© たむら歯科医院【群馬県前橋市】 , 2019 AllRights Reserved.